2010年07月12日

全国大会in東京

2010年7月10日(土)
天気:雨
場所:東京銀座「Sun-mi 高松7丁目店」

年一回の祭典全国大会。それも15回目となりました。
九州からも7名が参加され、全国の皆様方の交流を図りました。

まずは開会挨拶として、寺下前会長より今の複写業界の現状などを語っていただき、それでも集まったメンバーに対してのお礼が述べられました。
00004.JPG


次に来賓挨拶として、日複連理事の楠本様より、青年部設立の経緯や、業界の未来を創造する組織であっていただきたいとのお言葉をいただきました。
00005.JPG


そして、大会前に行われた役員会で新たに決まった早坂新会長(8代目)よりお言葉。
「各ブロック、活動のやりにくい中、こうやって全国のみんなが集まってくれたことに感謝します。これからの青年部は『組織』にこだわらず『個』に力を入れて、いろいろな意味で「フリー」をキーワードに動いて行きたい」
と述べられました。
00007.JPG


続きまして、第2部東京サミットに移りまして、コーディネーター「百合智夫」氏によります「情報技術における未来予想図」ということで、
「経済産業省の統計で、キチンと業務を遂行している会社が残っている」
「受注業務→提案型営業へ」
「高額取引中心から中・小規模(ボリューム)の業務を獲得へ」
「企画というのは、頭を使うだけで出来るコストのかからない売り上げUPの方法」
など様々なキーワードが出てきました。
00008.JPG

そして、そのテーマを踏まえ各チームに分かれてのディスカッション。
多種多様な発表が行われました。
00009.JPG

00010.JPG

00011.JPG


頭を使い果たした後^^は楽しい懇親会。各テーブル、地域を越えてのふれあいがありました。
00012.JPG

アトラクションではマジックショーが行われ、手品師さんが各テーブルを回って目の前で手品を披露。でもやっぱりタネは分りませんでした。
00013.JPG

最後に次回開催決定となりました福岡大会のPR。九州スタッフ全員で皆さんへの案内を行いました。
00014.JPG

2010年07月11日

役員会

2010年7月10日(土)
天気:雨
場所:東京銀座「Sun-mi 高松7丁目店」

平成22年度青年部の総会が行われました。
00002.JPG

21年度の事業報告では、
「複写連の支部解散などに伴い、会員減少の拍車が止まらぬ中、青年部もその影響を大きく受けました。また、市場の減少や縮小により、日々業務上のバッティングなどで、地域交流に支障が生じ青年部活動への参加者の減少があったことも事実です。ただ、九州ブロックなどのように親会が解散しても残ったメンバーで活動するなどすべてにおいてマイナスのベクトルが働いているわけではありません」
と、まだまだこれから頑張る余地を残しての報告となりました。

そして、22年度事業計画案は改選により選出されました早坂新会長より、
「来年度からの近畿willsの活動休止の報告などもあり、悲痛的な要因も多い。青年部が存在しないということは将来、この事業団体は存続しないということも過言ではない。今期は今後の青年部会の在り方を真剣に考え、業界の若手を団結させる旗手になるべく組織作りをしていきたい。」
と述べられ、
「このような時代だからこそ、出来る限り会員同士のコミュケーションを深め、そして、地域を超えた組織力を発揮するため構築してきたSNSのシステムをクラウドコンピューティングに反映させ、新たな我々業界のビジネスの光を模索していくことにしました。」
と抱負を語っていただきました。

1.第15回全国大会東京大会の開催
2.青年部情報流通・活用にかかわる事業
 【複写連青年部SNSシステムとクラウドコンピュータ】
 ・クラウドがもたらすビジネスモデルの研究
 ・「インターネット会議システムの研究
3.各地区青年部増強活動

2009年06月30日

2009/6/27 名古屋大会 懇親会

引き続き、懇親会が開催されました。

20090627_15.jpg
寺下 日本複写産業協同組合連合会青年部会長より開会の挨拶が行われました。

20090627_16.jpg
吉川 日本複写産業協同組合連合会副会長より、乾杯の挨拶が行われました。

そして、アトラクションです。もう?、おもしろかったです。
20090627_17.jpg
ウマッチョ その1

20090627_18.jpg
ウマッチョ その2

20090627_19.jpg
次期開催地である「東京」のメンバーの皆さんと挨拶された、中村 関東2協協同組合青年部部会長です。

20090627_20.jpg
今年行われる親会の沖縄全国大会の開催地である九州地区の皆さんと挨拶された徳門さん。

20090627_22.jpg
早坂事務局長から、本日行われた理事会の内容の説明がされました。

20090627_21.jpg
鈴木 腹部会長の中締めの挨拶でした。

2009/6/27 日本複写産業協同組合連合会 青年部 名古屋大会開催

日本複写産業協同組合連合会 青年部 名古屋大会開催

2009/6/27 13:00
名古屋 東京第一ホテル錦

本日、
日本複写産業協同組合連合会 青年部
名古屋全国大会
が、開催されました。

今年の大会テーマは
原点回帰
100年に一度の大不況。我々は今何をすべきなのか。
原点に立ち返り、足下から見直し、次の一歩へつなげよう。

司会 東海複写青年部 中村さんの進行で大会が始まりました。

20090627_01.jpg
大会実行委員長である、河合 東海複写青年部会長より、開会の宣言が行われました。

20090627_02.jpg
寺下 日本複写産業協同組合連合会青年部会長より挨拶をいただきました。

20090627_03.jpg
引き続き、来賓挨拶として山田 日本複写産業協同組合連合会会長より挨拶をいただきました。

20090627_04.jpg
お二人目の来賓挨拶として山路 東海複写産業協同組合理事長より挨拶をいただきました。

20090627_05.jpg
基調講演のスタートです。
テーマは「顧客に選ばれるパートナーになる為に」 ?企業提携とアウトソーシング戦略?
アウトソーサーと下請け企業の違いを説明され、今企業の向かうべき方向はアウトソーサーであることを説明されました。

基調講演をうけて、8グループにわかれバズセッションが行われました。
そして、グループ発表です。8グループが順に発表されていきます。

20090627_06.jpg
Aグループ

20090627_07.jpg
Bグループ

Cグループは私が前に出ていましたので、写真はありません。
どなたかとっていませんか?

20090627_08.jpg
Dグループ

20090627_09.jpg
Eグループ

20090627_10.jpg
Fグループ

20090627_11.jpg
Gグループその1

20090627_12.jpg
Gグループその2

20090627_13.jpg
Hグループ

20090627_14.jpg
閉会宣言 として 米田 青年部相談役が15分しゃべってくださいという、大会実行委員希望をうけ、
15分を話し切りました。内容、ウイット いやお見事でした。

2009年06月29日

2009/6/28 平成21年度 通常総会

全国複写産業協同組合連合会青年部 平成21年度 通常総会

2009/6/27 10:00?
名古屋 東京第一ホテル錦

本日、
日本複写産業協同組合連合会 青年部
名古屋全国大会
の、開催に先立ち理事会が開催されました。

20090627001.jpg

なお、議事録は複写連SNSの青年部役員会に掲載致しました。

2007年10月31日

2007/10/26 全国複写協同組合連合会青年部 理事会報告

19年度第二回理事会報告

開催日   10月26日金曜日

開催時間  午前10:00〜13:00

開催場所  大阪第一ホテル「ランスロット1」
        http://www.osakadaiichi.co.jp

        大阪市北区梅田1−9−20
        TEL 06-6341-4930

19年度各地区事業報告

北海道 新メンバーの加入(2名増・1名減)
     通常総会の開催
     北海道大会の委員会の設立
     中央会主催のセミナーに参加

東北  臨時総会により東北の親会が解散をした
     旧青年部としては現在登録としては11社13名登録をしているが
     臨時総会開催を予定しているが未定
     青年部組織の再結成には半数の会社は賛同している

関東  納涼会の開催
     12月1日にセミナーの開催
     DM検定の判定を関東の青年部で行っている

東海  現在11名
     長野県に出向き2社の勧誘の為訪問した
     10月18日親会を招き青年部の研究発表を親会に青年部活動の
     理解を得る為にプレゼンした

近畿  45歳以上のメンバーが多い
     9月に「儲かり続ける経営者のパソコンセミナー」を開催
     10名ほど参加
     販売管理などの事務処理などに付いて学んだ
     四国のメンバーから年明けに合同でセミナー・企業見学を予定
     現状15名

九州  九州大会終了後、総会を開催
     収支決算
     親会と青年部でディスカッションを開催予定

北海道大会について(井上会長)

親会と青年部の開催地が同じだった事と青年部の活動を知らしめる意味も含め
同時合同開催をしていきます

開催内容について(寺下副会長)

*タイムスケジュールは別紙資料

青年部としては「研究発表」は行っていく
親界とのパネルディスカッションを企画している

7月11日13:00から青年部総会を開催する

研究発表の内容について(遠藤理事)
「複写業」を旨く説明できない
業界の宣伝をしもっと認知度を高めて生きたい
そんな所から来年度の「研究発表」の仮テーマは「業界コマーシャルを作ろう!」
に成りました
主旨は「業界PR」
発表方法はポスター作成

*制作仕様は別紙

ネットワーク委員会(番井理事)
ブログサイト立ち上げ
HPにブログサイトとリンクした
SNSを来年度までに立ち上げる予定

時期理事会開催予定

三役で再検討  開催時期は2月

2007年10月26日

2007/10/26 全国青年部役員会開催

2007102601.jpg

2007102602.jpg

2007102603.jpg

2007102604.jpg

2007年10月25日

2007/10/25 「日本複写産業協同組合連合会」宝塚全国大会

「日本複写産業協同組合連合会」宝塚全国大会が開催されました。

2007年07月12日

2007/7/6〜7 複写連青年部 博多大会

複写連青年部 博多大会が開催されました。

博多の街、凄い雨。大雨洪水警報が発令されている。
博多に集まった我々青年部員を迎えてくれたのは
よりによって大雨。びっくりするほどの降りでした。

雨にも負けず、7月6日のイベント、
企業視察へのバスは発車します。
エコタウン北九州。我々が常日頃お世話になっている、
コピー機・プリンターなどのトナーカートリッジの
再生工場の見学であります。

我々も以前に比べ「環境意識」は高くなったかと思います。
以前この全国大会の研究テーマ発表の場で、
筆者の居る地区で「複写業の環境課題」というのを
とりあげたことがありました。
世の中が、まださほど環境にうるさくなかった頃では
なかったかと記憶をしていますが、
今日のこの視察は、我々に気付きを与え、そして、
企業人として率先意識改革をしないといけないと思わされる
ナイスな企画であったと感心を致しました。

さて情報交換会。ホテルから歩いて5分程度の場所なのに
更に降り続ける滝のような雨に濡れ、びしょびしょ!
こういうことも、思い出の一つに残ります!
大部屋に皆が集まり、大会の前夜祭とばかり
「仲間」との話が弾みます。
いつからこの企画が始まったか忘れてしまいましたが、
大会後の懇親会とは又違った楽しさがこの場にあります。

しかし酔っ払っていると、どれだけ降っていようと
あまり感知しないものですね!
閉宴後、街を移動するにそれだけでびしょぬれでした。


さて大会当日7月7日。

九州の素晴らしい実行部隊の皆さんのお陰で、
着々と大会が進んでいきます。
実に秒刻みといっても良いタイムテーブルに則ったそれは、
恐らく色々試行錯誤しこの場に臨まれたものだと感謝の念に耐えません。
私も会の会長でありますので、
当然冒頭、ご挨拶、お礼の言葉などを述べるのですが、
「必ず5分で!」と再三の念押しを頂く。

案外こういう時ムキになる私、時計を見ながら5分を守る。
我ながらきっちり5分で終えることが出来ました。

さて、なぜ故に大会実行委の方々がタイムスケジュールに
こだわるかというと、それは大会セレモニーの後に
予定されている講演会に答が隠されている。

そう、今回の講師はあの有名な、森永卓郎さん。
以前は、ニュースステーションにも出ておられ、
現在もテレビ・ラジオで引っ張りだこ。
何でも年200本の講演をこなすというからすごい。

そしてその講演を聞かさせていただき、
200本こなすその理由がよくわかる。 これは面白い!

難しい経済の話を、面白く、
そして興味深く巧妙な語り口で聞き手をその気にさせる。
時に、「小道具」などを取り出しの話に、
90分もの時間があっという間に
過ぎ去ったのには驚きがあるほど。
実にすばらしい講演。人選をされた
九州の方々に、感謝といったところだ!

その後の研究発表会。発表テーマは「新たな飯の種」。
大変先進的なことを考えられた北海道地区や、
実に面白い発想の切り口での中四国地区。
東北地区のまるで一企業の経営戦略のような
内容の発表も魅力的でありました。

毎回の事ですが、これを一年かけて研究してくるわけです。
(勿論、諸々の事情で、一年かかって居ないところも有りましょうが)
それぞれの地区カラーが出て面白い。少なくとも
発表に携わって下さった方々は大変なご苦労をされたはず。
内容に寄らず、大変ありがたく感謝する次第です。

懇親会は、地元に纏わる踊りを鑑賞しつつ、
焼酎など随分頂きました。
着席形式の懇親会は何となく青年部では久しぶり。
落ち着いて会食できたのではないでしょうか。
細やかなまでに行き届いた設営は、
改め九州青年部実行部隊の皆様方の心が伝わります。

もちろんその夜は中州へと皆消えていきました。
来年は九州から一気に北上、北海道です。
皆さん北海道で又お会いいたしましょう!

2007年07月06日

2007/7/6 平成19年度複写連青年部総会